CanBas

サイトマップ

お問い合わせ

ENGLISH

研究開発/R&D

研究開発/R&D

コラボレーション

提携

Stemline Therapeutics, Inc. http://www.stemline.com

当社はStemline社に対し、CBS9106およびその類縁化合物の開発・製造・商業化にかかる全世界(ただし日本および中国・台湾・韓国を除く)における独占的な権利(サブライセンス権を含む)を供与しています。

共同研究

富士フイルム株式会社 http://fujifilm.jp

ペプチドなど中分子による新たな免疫系抗癌剤の創出を目指す共同研究です。当社は、ペプチドを用いた抗癌剤候補品の創薬研究で蓄積してきた当社の経験を活かし、富士フイルムが合成・設計した候補化合物の薬効評価を実施します。

共同研究プレスリリースはこちら


静岡県立大学(ファルマバレープロジェクト)

静岡県立大学大学院薬学研究院創薬探索センターが有するIDO/TDO阻害剤リード化合物(プロトタイプ)について共同で最適化および評価を実施し、新たな免疫系抗癌剤候補化合物の創出を目指します。

共同研究プレスリリースはこちら


静岡県産業振興財団(ファルマバレープロジェクト)

静岡県環境衛生科学研究所から当社が化合物ライブラリーの提供を受け、当社は新しい創薬スクリーニング系を用いて同ライブラリーからの新たな免疫系抗癌剤候補化合物探索創出を目指します。

共同研究プレスリリースはこちら


東京大学医学部附属病院

東京大学医学部附属病院が作製したヒト膵臓癌に近い膵臓癌発症モデルマウスを用い、CBP501単独およびその他の抗癌剤(免疫系抗癌剤を含む)との併用による薬効を確認します。薬効が見られた場合には、組織染色などの手法を用いて、当該薬効が発揮されるメカニズムを詳細に解析します。

共同研究プレスリリースはこちらこちら(期間延長)


北里大学薬学部微生物薬品製造学教室

補助金助成金 (会社設立前のものを含む)

2013年度
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
平成24年度「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」助成事業
「新規抗癌剤候補CBP501合成ペプチドの堅牢な大量合成法開発」

 

2011年度
沼津市医療関連産業集積促進事業費補助金

 

2003年度
トヨタ自動車株式会社 受託研究費

 

2002年度
経済産業省 地域創造技術研究開発事業費補助金
研究課題「細胞周期解析技術に基づく新規癌剤感受性テスト法の研究開発」

しずおか産業創造機構 新産業創出ネットワーク形成課題
研究課題「細胞周期G2期チェックポイント制御に基づく抗癌剤の研究開発に関するネットワーク形成」
期間:2002年9月2日~2003年3月14日

 

2001年度
第5回 トヨタ先端科学技術研究助成プログラム
細胞周期G2期チェックポイント破壊による癌細胞特異的な抗癌剤の開発

静岡県地域活性化創造技術研究開発費補助金
研究課題「細胞周期G2期制御機構技術に基づく新規抗癌剤の開発」

しずおか産業創造機構 新産業創出ネットワーク形成課題
研究課題「細胞周期作用性抗癌剤感受性テスト法の開発に関するネットワーク形成」

 

2000年度
文部省科学研究費補助金・萌芽的研究
ヒト細胞周期G2期チェックポイント解析

特別研究奨励費(名古屋市立大学)
選択的細胞周期G2期チェックポイント破壊による癌治療法の開発

沼津市補助金(新製品新技術創出事業)
研究課題名「平成12年度新製品新技術創出事業」

 

1999年度
がんその他の悪性新生物研究助成金 第24回
選択的細胞周期G2期チェックポイント破壊による新規抗癌剤開発

文部省科学研究費補助金・萌芽的研究
ヒト細胞周期G2期チェックポイント解析

 

1998年度
がんその他の悪性新生物研究助成金 第22回
DNA傷害後細胞周期G2チェックポイント機構解明